日本産業カウンセリグセンターとは?
 日本産業カウンセリングセンターは、1976年12月の創設以来、産業カウンセリングの啓蒙と実践を通して、働く人々の健康と人権を守り、企業・産業の活性化を図ることを目的として活動を続けてまいりました。
 現在までに金融機関、メーカーなど50社を超える大手・中小企業や厚生労働省をはじめとした諸官庁・諸団体、大学、マスコミ等でハラスメント防止に関わる講演や著書を通じた活動、カウンセリング、および教育研修を担当しております。
▲このページの先頭へ戻る
 ------------------------------------------------------------
●事 業 内 容
1.ハラスメント問題全般に関わる相談および講演
2.メンタルヘルス改善への助言
3.女性の地位向上への支援
4.ダイバーシティ(人材の多様化)推進への提言
5.企業におけるLGBT差別の解決
▲このページの先頭へ戻る
 -----------------------------------------------------------
●代表者 野原蓉子プロフィール
埼玉大学教育学部卒業。教職を経て1976年、株式会社日本産業カウンセリングセンター創設。企業でのカウンセリングのほか、メンタルヘルス相談、管理者の対応法相談、官公庁・大学などでの講演・研修に従事。労働省(現厚生労働省)セクシュアルハラスメント調査研究会委員などを歴任。臨床心理士。株式会社日本産業カウンセリングセンター代表取締役理事長。






<主な著書およびビデオ・DVD>

『改訂増補 パワハラ・セクハラ・マタハラ問題はこうして話を聴く―こじらせない!職場ハラスメントの対処法』経団連出版
『マンガまるわかり ハラスメント』監修 新星出版社
『パワハラ防止ガイドブック:判断基準、人事管理、相談対応がわかる』共著 経団連出版
『こうして解決する!職場のパワーハラスメント』経団連出版
『言いにくいことを伝える技術』PHP研究所(中国語に翻訳、『從此不再有口難言』東販出版)
『セクハラ防止ガイドブック』経団連出版
『職場の悩みにどう答える?』日刊工業新聞社
『変革期の産業カウンセリング』自由アジア社
『「職場の処方箋」』光風社出版
『職場ストレス増大時代のメンタルヘルスケア読本』実務教育出版
『女性が5年働いたら読む本』実務教育出版
『女がビジネス社会をわたる法』廣済堂出版
『カウンセリング・マインド養成研修マニュアルシリーズ@ カウンセリング・マインドの育て方』 共著 (財)公務研修協議会
ビデオ【セクハラ相談 対応の基本】監修 日本経済新聞社
ビデオ【セクハラ相談 加害者ヒアリングの進め方】監修 日本経済新聞社
ビデオ【メンタルケアの聞く技術】監修 日本経済新聞社
DVD【メンタルヘルスケア実践のポイント】監修 PHP研究所
▲このページの先頭へ戻る
 -----------------------------------------------------------
●主な著書の紹介記事


改訂増補版


第1版


『改訂増補 パワハラ・セクハラ・マタハラ問題はこうして話を聴く―こじらせない!職場ハラスメントの対処法』経団連出版

 本書は2017年発行以来5刷となった第1版に加筆・修正し、2020年6月施行「パワハラ防止法」に準拠した改訂増補版です。
 パワハラ・セクハラ・マタハラといったハラスメントの被害者から相談があったときに、職場や相談窓口が最初に対応しなければならないことを、問題解決に至った例、対応を誤った例、その改善例などを、会話形式なども取り入れ、わかりやすく紹介しています。
 今回の増補では、ハラスメント問題を「こじらせない」ための対応法や実践的な会社内研修のプログラムを提案しています。事例はいずれも、職場や相談窓口での相談初期の対応が不適切だったために問題が悪化したり、トラブルが繰り返されたりした実例をもとにしています(プライバシーを保護するためにかなり省略と修正を加えています)。
 パワハラのトラブルが生じ、裁判にでもなったら、仮に勝訴しても企業名がマイナスイメージとともに残ります。コンプライアンス上の判断から人的、経済的な損失を長期的視点で考える対応が必要です。

『マンガまるわかり ハラスメント』 監修 新星出版社

 本書はハラスメント問題の入門書です。「何がハラスメントにあたるのか」、「自分が加害者(行為者)にならないためにはどうすべきか」、「イジメや嫌がらせを受けたらどうしたらいいか」、「ハラスメントゼロの職場にするためは会社や社員が何をするべきか」を、マンガとともに解説しています。
 同僚や部下の立場でもパワハラの加害者(行為者)になることもあります。セクハラ、マタハラをはじめ、さまざまなハラスメントについて基本的な知識を身につけることができます。


『パワハラ防止ガイドブック:判断基準、人事管理、相談対応がわかる』共著 経団連出版

 本書は「パワハラガイドライン」(パワハラ防止法)の概要や企業のとるべき対応策、過去の裁判例に加え、人事管理のポイント、相談対応とトラブル防止の具体策などを解説しています。
 巻末資料に「パワハラガイドライン」が全文収録されていて、社員研修テキストにも最適な内容です。



『こうして解決する!職場のパワーハラスメント』経団連出版

 本書では、セクハラとは違って指導との境界線が判別しづらいパワハラについて一般的な目安を紹介し、さらに個別具体的な事例を上げて、企業の対応策や被害者からの申立てへの対処を解説しています。
 パワハラは、セクハラと共通する部分がありますが、相談への対処法は大きく異なり、セクハラ相談のノウハウをそのまま使うことはできません。ヒアリングの方法から仲介・調整のためには、どのような対応が必要になるかを提案します。
▲このページの先頭へ戻る


03−3404−9422(代)
● 各種ご依頼等はどうぞお気軽にお電話ください! ●


〒107-0051 東京都港区元赤坂1−5−20  ロイヤル赤坂サルーン603(受付)、608
TEL 03−3404−9422(代)

2020 (C) 日本産業カウンセリングセンター